ツアー検索はこちら

催行状況

おすすめレベル

道央の縄文遺跡をめぐる旅


道央の縄文遺跡をめぐる旅

北海道の縄文遺跡を中心にめぐります。

 

上記以外の主な見どころ

■音江(おとえ)環状列石

大小の山石が円形又は楕円形に囲繞する多数の環状石籬が群在

■神居古潭(かむいこたん)竪穴住居遺跡

9世紀後葉から12世紀頃にかけての縄文時代のムラ

■旭川市博物館

「アイヌの歴史と文化に出会う」をキャッチコピーにしている博物館

■鳥沼(とりぬま)公園・鳥沼遺跡群

この一帯で縄文時代の竪穴式住居址や土器、石器が発見された

■野花南(のかなん)環状列石

周堤が比較的良好な状態で保存されている学術上貴重な遺跡

■地鎮山(じちんやま)環状列石

12個の大石が10メートル×8メートルの規模に配置されている

■忍路(おしょろ)環状列石

日本の考古学史上初めて学会に報告されたストーンサークル

 

募集要項

■旅行期間 2021年9月13日(月)~9月15日(水)3日間
■旅行代金 118,000円(消費税込)(2名様1室ご利用お一人様の料金です。)
■新千歳空港集合・解散ご希望の方は旅行代金より20,000円引きとなります。
※9月以降 GoToトラベルキャンペーン継続の決定が出ましたら、本ツアーは割引対象となります。

注意事項

■シングルのお部屋は部屋数に限りがございますのでお早めにお申込下さい。
■1人部屋ご利用の場合は、旅行代金とは別に2泊分6,000円(消費税込)が必要です。
■ご旅行代金に1,000円の追加で、国内旅行総合保険(任意)にご加入いただけます。
※新型コロナ禍の下、担当講師の先生が急遽同行できなくなる場合もございます。ご理解の程お願い申し上げます。

道央の縄文遺跡をめぐる旅へのお誘い

北海道の中央部には、流域面積日本第二位。長さが第三位の大河「石狩川」が流れています。今回の旅は大雪山系に発し、石狩湾へと注ぐ石狩川流域から小樽・余市にかけて展開した、ストーンサークル群を中心に見学します。山と川と海の織りなす自然景観の中で展開した、独特の北海道の文化に触れてみてください。

札幌国際大学縄文世界遺産研究室 越田 賢一郎

【日程表】

20210913道央日程表

【立ち寄り先】

 


ツアー概要

旅行期間
2021年09月13日 (月) ~ 2021年09月15日 (水)
旅行日数
3日間
旅行代金
118,000円
同行講師
越田 賢一郎先生
添乗員
辻田 洋一
添乗員付記
神戸空港より同行します。
利用ホテル
富良野市:新富良野プリンスホテル
小樽市 :小樽朝里クラッセホテル
(いずれも天然温泉大浴場付)
出発地
神戸空港
最小催行人数
15名(最大定員30名)
催行状況
残席あり
申込み締め切り
2021-08-10
このツアーに参加する このツアーへの問い合わせ