ツアー検索はこちら

催行状況

おすすめレベル

小笠原 好彦先生


小笠原 好彦 先生

1966年東北大学大学院修了後、奈良国立文化財研究所に勤務し、平城京・藤原京・飛鳥の発掘にかかわる。
その後、滋賀大学教授、明治大学特任教授を歴任、現在は文化財保存全国協議会代表委員。
博士(文学)。
『聖武天皇が造った都』(吉川弘文館2012年)『日本の古代宮都と文物』(吉川弘文館2015年)など著書多数。
考古学専門。